AirPodsをバイク用インカムとして使うと快適過ぎてヤバイ?!

皆さんバイク用のインカムってどうされてますか?

自分の場合、ほとんどソロツーなので複数台同時会話機能はほぼ必要ありません。

となるとナビのためだけにバイク用の高性能インカム買うのって勿体無いよね…

割と高額だもの。。。

そこで閃いたのが以前から仕事用で使っていたAirPodsをどうにかバイク用インカムとしても使えるんじゃね?という件。

実際試してみましたのでレビューしていきます!

バイク+AirPods+iPhone 8で試してみた

今回のレビュー時の環境は、バイクに乗る際にiPhone 8とAirPodsを接続してNAVITIMEさんが出しているバイク用ナビアプリ『ツーリングサポーター』の音声を聞くというもの。

ちなみにツーリングサポーターは初回1ヶ月は無料で試せるようです。

AirPodsとフルフェイスヘルメットの相性は?

まずは皆さん耳が痛くならないかが一番気になりますよね?

ヘルメットと干渉して耳が痛いのでは使い物になりません。

こちらのフルフェイスヘルメットで試してみます。

実際に試してみた感想としては、ほとんど痛くありませんでした。

ヘルメットをかぶる際に少し気を使うくらいでかぶってしまえばほぼ気になりません。

逆にヘルメットを外す際に、引っかかってイヤホンを落とすリスクはあるかなと思います。

ただ、これも少し気をつけていれば特に問題ないレベルです。

バイクで走行中に通話も可能?!AirPodsの音の聞こえ方は?

バイクの走行中は風切り音がかなりしますが、AirPodsならフルフェイスの中に装着するため、走行中も特に問題なく聞こえます。

ナビの音声案内も大丈夫ですし、音楽も問題ないくらい聴けます。

Siriの音声認識もOKでした。

通話も走りながらすることができました。

相手の方も聞こえづらいとかはないみたいです。

AirPodsのバッテリーの持ちは?

AirPodsは充電式のため、電池の持ちは気になる部分だと思います。

しかしこれも大丈夫でした。

朝からナビに使いっぱなしでしたが、1日は問題なく使えるくらいの電池の持ちでした。

また、収納ケースが予備バッテリーとなっていてケースに入れている間は給電されるため、食事中などで充電することも可能です。

ですので、ロングツーリングでも特に問題なく使用可能だと思います。

バイク用スマホホルダーはMINOURAがオススメ

バイクにスマホを固定するホルダーは色々なメーカーさんから出ていますが、今回重要視したのは、『クランプ部分が金属製である』という点。

やはり、一番不安なのはクランプ部分の強度で、弱かったり劣化しやすいと走行中に破損して脱落する危険性が出てくる。

その点、MINOURA(ミノウラ)から出ているスマートフォンホルダーiH-520-STDはクランプ部分が金属製で、かなり強度は強そう。

Amazonのレビューも4.2点と高評価。

今回は購入もAmazonを利用しました。

価格も2545円(送料無料)と割と安い。

取り付けた感じそう簡単には緩みそうもないし、クランプ部分の剛性も高そうです。

唯一、縦向きだとスピードメーターにかぶるので横向きに装着したところ、キーシリンダーに少しかぶる形となり、スマホを外した状態じゃないと鍵の抜き差しが出来ないところが少し不便。

ただ、バイクから降りるときはスマホも外すしその部分は妥協できるかなと思います。

実際、走ってみた感想ですが、思いのほか脱落防止のゴムバンドが良い仕事します!

スマホを外す時にワンプッシュボタンを押すとガシャっとホルダーが開くのですが、この時ゴムバンドがないとスマホが落としてしまいそうになるのですが、ゴムバンドで固定されているので落ちる心配はありません。

ただし、ゴムバンドを止め忘れることは何度かありました。

そこは気をつけないといけませんね。

バイクでAirPodsはあり?なし?

今回の検証結果をまとめます。

『バイク用のインカム代わりにAirPods』は大いにありです!

スマホをナビとして使う際の音声を聞くぶんには十分実用レベル。

多人数で同時通話する場合は専用のインカムを使った方がいいかもね(*^^)v